« 2009年11月 | トップページ | 2010年6月 »

2009年12月

カウントダウン

3月から練習がスタートして、いよいよ今週末が本番です!

ソリストの方々が加わり、全体像がつかめてきましたね。

感動できる演奏会となるよう各々総仕上げ頑張りましょう。

*******

【ラ・ボエーム】

自分が歌っていないところもスイッチを切らず演技しましょう。

P97 お手玉を投げて回します。お手玉を見て笑えるくらいのハイテンションさを表現しましょう。

P97 2段目の笑いはクレッシェンドし、P98の入りはP(ピアノ)で言葉を出します。

P99 1段目最後の‘Ah!’で(合唱の結束があるように)握り拳こぶしをあげましょう。

P105 パルピニョルの方を見るとき、子供たちはピョンピョン跳ねたり指差しをしないようにしましょう。

P125‘guarda’の gua はすばやく歌いましょう。

P158‘Eccoil tambur maggiore!’歌い出しは遅れず、マルカートにします。

【椿姫(乾杯の歌)】

エアグラスは無しです。手は横にします。

P28 ppです。特に男声は注意しましょう。

【アイーダ(凱旋の合唱)】

一番最初の歌い出しから力強くしっかり歌いましょう。

P3‘inni festosi alziam!’腰を使って歌いましょう。

P6 1段目最後の小節はクレッシェンドします。

P7~ 男声合唱 人数が少ないので他パートも歌えるところは歌います。

【メリーウィドウ(ヴィリアの歌)】

男声 言葉をやわらかく歌いましょう。

【こうもり(シャンパンの歌)】

最初から右手でエアグラスをします。

P103 3段目‘乾杯×3’のところはエアグラスを上手→下手→中央の順で振ります。

歌い終わった直後に皆で「乾杯!」と合唱します。

*******

先日の練習の最後にラ・ボエームを振り付けなしで歌のおさらいをしました。最近は振りに気をとられ、歌が伴っていないところがありました。基本練習、大切ですね。ゲネプロでも歌のみの練習をして頂けるとのことですので出来ないところをしっかりチェックして本番に臨みましょう♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年6月 »